お金以外の投資になるお話と主夫のつぶやき

建築・陶芸・折り紙・主夫のつぶやき

修士設計で発表した未来-人工知能になってみる試み-

私が大学院の修士設計を提出してから10年が経ちました。正直、その時に想像していた20年後の未来はその通りの現実になってき始めていると感じています。

 

修士設計では、国指定の鳥獣保護区でもあり、海岸沿いに都市が迫っている西宮市御前浜海岸を対象敷地とし、都市と自然災害との関係をテクノロジー時代を想定して設計してみるということを目的としました。

 

実際に大切にした考えは・・・

 

①今でいうビックデータで都市を設計する(当時はビックデータという概念がなく情報という言い方をしていた)

②ビックデータ(資料や古文書や地域の方々のお話、地形など)から発見できた津波がくるという事実を設計に取り込む(過去の問題)

③日本がこれから抱える人口減少問題を取り上げる(今の問題)

④海面上昇という未知の問題を取り上げる(未来の問題)

人工知能に感情(デザインの想像)を奪われることを想定し、建築家としてのエゴ(デザイン)を捨て情報に委ねる

⑥人としての感情を捨て情報だけを信じる

他諸条件あり。

 

約3年間かけて西宮市御前浜海岸の調査や隔週でワークショップに参加し、そこから得られたデータのみで都市の設計を進めました。

 

【画像はまとめた本を撮影しているので少し歪んでいます】

f:id:takehanake:20171117094034j:plain

収集した危険地帯とされる場所をプロット

大量の情報から「津波が来ても誰も死者を出さず、津波が来る前よりも津波が来た瞬間、そして津波が来た後の方が美しい都市を先に作っておくことが可能」という結論が出ました。

 

住宅街を過去の津波の到達位置よりセットバックさせ(人口減少を想定し移り住まわせる)、海岸には津波が来る前に橋を作り、その橋では植物を育て、潮風によって朽ちることを想定していつか自然に戻っていく都市を設計しました。そして人口減少によって対象敷地周辺はコンパクトになるべきだと説きました。

 

f:id:takehanake:20171117100225j:plain

橋の設計と植物の配置計画

f:id:takehanake:20171117100554j:plain

20××年、津波後の海岸と都市の関係性(結論)

f:id:takehanake:20171117100717j:plain

論考の一部

私はこの修士設計で自分が人工知能になってみることでどんなことが人間にできるかを確かめたかったのだと思います。

 

そして今もその時の感覚や信念を持ったまま仕事を作り、仕事に打ち込んでいます。

 

これからさらに人工知能は人間世界に入ってくると思います。そして人口減少問題や高齢化問題、グローバル化など物事は複雑に多様に社会を大きく変えると思います。

 

でも人間にはまだやれることがあります。

 

怖がらず、でも安易に考えず、「自分で未来を作る」。それが一番大切なことだと思っています。

 

そして学生の皆さんは自分が信じるものを追求してください。私の修士設計は全く評価を受けませんでした。3.11前の津波予測、AIやビックデータという言葉がない時代のテクノロジー時代予想など、理解されるはずもありません。でも今は当たり前になっています。

 

未来は自分で作るのです。

 

twitter

https://twitter.com/masaka114?lang=ja

TAKEHANAKE DESIGN STUDIO

http://takehanake.com/

KURA COCOLONO

http://cocolono.com/kuracocolono/

クラウドファンディング(移動可能な陶芸窯でハイパーシェアがしたい!)

https://camp-fire.jp/projects/view/46635