お金以外の投資になるお話と主夫のつぶやき

建築・陶芸・折り紙・主夫のつぶやき

テクノロジーブームって3度目という事実-過渡期だからこそできる自己投資-

私がテクノロジーに出会ったのが大学院1年生の時。約11年前です。

 

脳にチップを埋め込む、情報(今でいうビックデータ)が世界を席巻する、家は真っ白な箱でよくてあとはVR技術でどうにかなるなど色々な議論を大学院内で繰り広げていました。

 

しかし、その時前提としていたのはテクノロジーブームは過去にもあったという事実でした。11年前はまだ今のような第三次テクノロジーブームに入ってすぐで、確かにコンピューターが過去と比較にならないほど賢くなり「発想」で止まっていたものが実現可能性を帯びてきていることは否定できませんでした。

 

参考URL

https://tech-camp.in/note/technology/32652/

 

でもブームに踊らされるのが一番危険だということも皆さんもよくお分かりだと思います。

 

学生時代、議論をしていた仲間たちも信じる気持ちと冷静にそのブームを見ていかなければならないという客観性を持っていたと思います。

 

でも今はその過渡期です。どう行動すればいいのか、どう勉強すればいいのか、悩む人も多いと思います。その不安感が投資やお金の生み出し方、テクノロジーに注目が集まっているのもよく理解できます。

 

私がよく言うのが「その時代が来ても来なくても普遍に近いものを探す」ことです。とても難しいように感じますが、私の場合は「発想すること」を日々怠らず訓練してきました。そして思いついたらすぐに行動に移す習慣をつけることです。

 

AIがどんな世界を創造するかは誰にも分かりません。だからこそこれからも行動力と思考力だけには自己投資をしようと考えています。

 

twitter

https://twitter.com/masaka114?lang=ja

TAKEHANAKE DESIGN STUDIO

http://takehanake.com/

KURA COCOLONO

http://cocolono.com/kuracocolono/