お金以外の投資になるお話と主夫のつぶやき

建築・陶芸・折り紙・主夫のつぶやき

テクノロジーはビックバン?-テクノロジーによる究極の合理化とAIによる超多様性世界-

私がテクノロジーの進化に持っているイメージは以下の図です。

 

 

f:id:takehanake:20171210085453j:plain

テクノロジーによる究極の合理化とAIが生み出す多様性

 

多くの物やサービスがテクノロジーによって合理化され、まるで究極の「1つ」に向かっているように考えています。

それは無駄を省きたいという人間の欲求やお金を生み出すシステムの構築には欠かせないことだと思います。

これまで人の脳は「バグ」によって多様な世界を作り出してきました。しかしテクノロジーは「超合理的世界」を作り出し始めています。

 

例えば今後テクノロジーによって「情報から究極に使いやす形の陶器を製作」も可能だと思います。そうなればそれ以外の需要はなくなりはしませんが減ることが予想できます。あとは人が飽きるか、ブランド価値を欲するかどうかです。

 

でもシンギュラリティ(技術的特異点)を超えると私はAIによる「超多様世界」が来ると考えています。AIが人間に変わり合理的なのに多様な世界の創造主となるのです。

 

多様な美しさを持つ合理的な陶器。多様な楽しさがあるのに合理的なサービスなど。

 

もうこうなれば人間は太刀打ちできません。

 

テクノロジーを駆使する科学者や投資家などは「ビックバン以来の転換期」を夢見ているのではないかと想像してしまいます。

でもこの流れを止めることは不可能と思います。「便利さを求める」という欲求はシンギュラリティ(技術的特異点)が起こる寸前まで人は求めてしまうからです。

 

だから私は今から「非合理的世界」をブランド化し、シンギュラリティ(技術的特異点)に備えることを提言したいと思います。

 

f:id:takehanake:20171210091326j:plain

人間が今できる準備

 

省かれていく非合理性こそ人間の歴史なのです。そして私の目論見はAIが作り出す「合理的で多様なモノ」を「非合理性」で包み込むことです。

 

twitter

https://twitter.com/masaka114?lang=ja

TAKEHANAKE DESIGN STUDIO

http://takehanake.com/

KURA COCOLONO

http://cocolono.com/kuracocolono/