お金以外の投資になるお話と主夫のつぶやき

建築・陶芸・折り紙・主夫のつぶやき

クラウドファンディング「テクノロジー時代を想定したプロダクト「NEO(ネオ)工芸」を広めたい!!」

本日より、クラウドファンディングをスタートさせていただきました。

 

詳細リンク

テクノロジー時代を想定したプロダクト「NEO(ネオ)工芸」を広めたい!! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

題名は:テクノロジー時代を想定したプロダクト「NEO(ネオ)工芸」を広めたい!!

 

f:id:takehanake:20180123115437j:plain

テクノロジー時代を想定したプロダクト「NEO(ネオ)工芸」を広めたい!!


ぜひご覧になっていただき、ご支援のほど何卒よろしくお願いいたします。

 

今回のクラウドファンディングは、テクノロジーの時代を12年前から予見し、その時代になっても生きていけるように活動してきたTAKEHANAKE design studioのプライベートブランド「TAKEHANAKE BRAND」の作品をリターンとしています。

 

そしてその作品の素材となるのが「破棄される予定の建築素材や生活用品のアップサイクル」と「使い道がなくなりつつある建築素材のリ・デザイン」です。

 

12年前、少子高齢化問題を知った学生時代、この問題を解決できるのはテクノロジーしかないと考え、22歳からテクノロジーについて研究してきました。今では当たり前に使われる「AI」という言葉や「ビックデータ」という言葉もない時代に、テクノロジーの可能性と恐さに触れ、34歳になる今日まで活動を続けてきました。

 

「人は多くの事柄をテクノロジーに与えられる」

 

これは人間にとって「便利」なのかそれとも「人間らしさの消失」なのか。今も自問自答を続けています。

 

でもどちらにしてもテクノロジーは進化し、人間に大きな影響を与えることは間違いありません。

 

TAKEHANAKE BRANDは「与えられても」人間らしさを失わないプロダクトやサービス、仕組み作りを基本にデザインに関わってきました。

 

今回のクラウドファンディングのリターンとなる作品はその一部です。

 

数学に形を与えられる。素材も与えられる。そんな中でデザインを行う。

 

この与えられる状況下で生まれる新しい工芸品を「NEO工芸」と呼ぶことにしました。

 

ぜひクラウドファンディングを見ていただき、ご支援、そしてこれからの時代について考えていただければ幸いです。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

TAKEHANAKE BRAND代表

竹鼻良文

 

twitter

https://twitter.com/masaka114?lang=ja

TAKEHANAKE DESIGN STUDIO

http://takehanake.com/

KURA COCOLONO

http://cocolono.com/kuracocolono/