お金以外の投資になるお話と主夫のつぶやき

建築・陶芸・折り紙・主夫のつぶやき

これからの時代に必要な能力「0を1にしてそれから100を目指す」

手前味噌ですが、自分がこれまで関わってきた仕事や作ってきたものを振り返ると必ず存在する言葉があります。それは・・・

 

「価値がないとされているものに価値を与える」

 

言葉を変えると

 

「0を1にする」です。

 

例えば

 

①移動可能な陶芸窯(マイ窯)の発掘

 

陶芸の産地では日常的に存在したため価値がしっかり伝わっていなかった移動可能な陶芸窯を発見し、窯作りのイベントを企画したり、世界に向けて発信したり(LEXUS DESIGN AWARD )、建築コンペで賞を取るなど、今では産地で「窯作り」などが産業化しています。

 

f:id:takehanake:20180128151647j:plain

陶芸窯作りのイベント

f:id:takehanake:20180128151732j:plain

LEXUS DESIGN AWARD 2017にて



②大名小学校の廃校利活用プロジェクト

 

元々は歴史や価値を無視した駐車場にする計画だった大名小学校跡地が、今や福岡県では重要な場所になっています。

 

f:id:takehanake:20180128074306j:plain

校舎の卒業式

 

growth-next.com

 

 

③障害を持つ方々が機織りで作った生地を使ったプロダクト

 

障害を持つ方々が機織りで織った生地にはほとんどお金という価値が付いていないのが現状です。まだまだ挑戦中ではありますが、一点物の価値としてプロダクト作りをしています。

 

f:id:takehanake:20180128152220j:plain

手のぬくもりをTシャツにデザイン

f:id:takehanake:20180128152324g:plain

コニカミノルタ主催ソーシャルデザインアワードにてプロジェクト賞受賞

 

④空き蔵(超過疎地)に人を呼び込む挑戦 -KURA COCOLONO -

 

山梨県の「とある場所」にある空き蔵を利用した体験型ギャラリー「KURA COCOLONO」。超過疎地へ人が集める仕組みを創造することが可能であれば、どこへでも人を呼び込むことができる。今そんな仕組みの創造への挑戦をしています。

 

cocolono.com

 

f:id:takehanake:20171127160944j:plain

KURA COCOLONO

 

⑤現在進めているクラウドファンディング

 

camp-fire.jp

 

空き家から出てくる破棄される建築建材のアップサイクルや新築の仕事が減りゆく時代に建築建材のリ・デザイン。

f:id:takehanake:20180123115437j:plain

NEO工芸×居場所を失った素材たち

⑥情報だけで建築を構築する

 

最近は建築情報学など情報で設計をするという言葉に懐疑的な人は少ないと思いますが、2008年当初に「情報で建築をつくる」というと変人扱いでした。

 

f:id:takehanake:20171220100312j:plain

情報だけで住宅を設計「OS的思考の建築」

 

もっともっとありますがこの辺で。

 

そして「0を1にする」をさらに言葉を変えると「問題を発見し解決する」ということです。そしてそれは「仕事をつくる」ということです。

 

これはこれからテクノロジーが進化し、グローバル化が進み、少子高齢化が進み、経済が衰退し、色々なことが今までにない早さで変化している時代に必ず必要となる能力だと思っています。

 

多様化が重要なのではなく、問題が多様だから、多様に答えを出す必要があるのです。

 

twitter

https://twitter.com/masaka114?lang=ja

TAKEHANAKE DESIGN STUDIO

http://takehanake.com/

KURA COCOLONO

http://cocolono.com/kuracocolono/